自分の感情にフォーカスする

-2021年06月16日-

日頃、自分の感情とじっくり向き合ったことはありますか?

怒る、笑う、悲しむ・・人と会う機会が少なくなると感情が

薄くなっているように感じています。

一説によれば、感情は喜怒哀楽だけでなく、約50以上もあるそうです。

例えば、怒るにしても強弱の違いや体の変化を及ぼすような怒り方も

あるので、50と言われたらそうかもしれないと思いますね。

私はコーチング(人間関係)の仕事をしているので、感情の大切さも

お伝えしています。なぜなら、自分の感情を押し殺す人も少なくないからです。

感情の動物なのに、感情をしまい込んでしまうのはとてももったいない話です。

例えば、我慢すればいいとか 気が付かないようにしようとか

もしかしたら、習慣だったり職業的に抑え込んでいることもあるのではないかと

思います。

ですが、自分の感情を知ることは他人の感情を知る上で大切なことです。

自分が辛抱しているから、相手も辛抱できるだろうとか

私は何も感じないから、相手も何も感じることはない と。

他人を知るためには、まず自分の感情を知りそして、どうしてその

感情が湧きおこったのかを考えると、感情の理由に気が付きます。

人との関係を良くしたいと思うなら、まずは自分の感情の見つめ直しから

感情によい悪いはありません。様々な感情をその後どんな風に考えるのか、

どう行動に繋げるのかを考えればいいだけのことです。

さて、今の感情はいかがでしょうか。