話す時気をつけたいこと

-2021年07月05日-

話す 会話する時に大切なのは、相手を尊重する気持ちを行動にすることです。

相手の話すペースに合わせて会話する。相手と話をする時に、話し方やスピード、声のトーン、呼吸などを相手と合わせます。

例えば、相手がゆっくり話す人なら、こちらもそれに合わせゆっくり話します。声が小さめな人なら、こちらも声を落として小さめにします。 声が小さいのに自分は大きな声で話せば、相手が委縮したり話す気が無くなってしまいます。

コミュニケーションのペースを自分に合わせてくれる相手に対しては、安心感が増します。相手がゆっくりと話しているのに早口でまくし立てたり、話を遮ったりすることはしないようにしましょう。相手は、自分は尊重されていないと感じるからです。相手が気持ちよく話せる空気を作ることが重要です。

座る位置は90度または横並びで。

座る場所で2人の位置が、その場の雰囲気に影響することもあります。一般的にはテーブルを挟んで正面になりがちですが、人によっては緊張が増す人もいます。机の角を使って90度の角度や横並びになると緊張もほぐれます。

パーソナルスペースを尊重する。

隣や角に座る際も相手との距離には、注意を払いましょう。人にはそれ以上近づかれると不快に感じる自分の領域(パーソナルスペース)があります。上司や部下、同僚など仕事での関係であれば、事前に「これぐらいの距離で大丈夫?」と聞いてみるといいでしょう。